忍者ブログ
HOME > > [PR] > レビュー > 【レビュー】XIGMATEK MIDGARD RSS   Admin NewEntry Comment
自作PCにハマったおバカのただの散財日記。またはチラ裏とも言う。
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勢いで買ってしまったケース。
XIGMATEK MIDGARDのレビューです。

スイッチ
P1050268.JPG
電源スイッチ+リセットは天板に装備。
机の下だと押しやすいです。
ただ、フロントIOは中段付近に有る為、逆に机の下だと面倒かもしれません。
ただ、手を伸ばせば届く距離なのでそれほど苦にならないと思います。


内部
P1050264.JPG
流行のオールブラック仕様です。
内部が黒だとやはり、印象が変わります。

内部の広さは、HDDの向きのお陰で内部が広く使えるようになっています。
ケース背面からドライブベイまでは、30cmほどあり長いビデオカードも余裕です。
よくあるシャドーベイに干渉してしまって、HDDが詰めなくなるという事はありません。
また、裏配線用の穴も完備されているので見た目はもちろん、エアフローにも期待できます。


電源
P1050271.JPG

流行の下置きで、ファンを底面にして設置可能です。
また、電源ファン用のフィルターも装備されているのでホコリ対策もバッチリ。
私は、この置き方が出来る事で一気に物欲が沸きました。
電源手前側に、ファンを増設出来ますが電源の大きさとプラグインの長さ次第ではただの飾りになりますのでご注意。
詳しくは、動画をご覧下さい。


5インチベイ+3.5シャドーベイ
5インチベイは全部5つあり、内一つは3.5インチと変換アダプターでの共用です。
3.5インチシャドーベイも全部で5つ、大人気の某ケースそっくりのマウンターを装備。
2.5インチ用のネジ穴も開いています。
現在、3台のHDDを装着していますが、共振はありません。


ファン
P1050270.JPG
全部で7つのファンを装備する事が可能。
うち、フロント・リアは120ミリLEDファン(白)が付属。
意外と静か。しかし、風量は弱め。
天板・底部・サイドは120ミリと140ミリのファンを装着する事が出来ます。
サイドファンの増設は、しげるなどの背の高いサイドフローを装着するとCPU側に近い位置はファンの装着は無理です。
グラボ側は、問題なく装着可能。

ファンの数が多くなると思うので、ファンコンの設置は必須だと思われます。
また、ファンコン制御すること、それなりに静音性を上げる事が可能。
私は、回転数絞って使用していますが気にならないレベルです。


剛性
フレーム自体はかなりガッシリしてますね。ただ、サイドパネルは押すと、ボコォーンって感じです。
メチャメチャぺラいと言う訳では無いですが、厚くもないです。
この辺りは値段なりと言ったところ。
ただ、1万円以内のケースとしては合格点じゃないでしょうか。


CPU裏の窓
s-P1050287.jpg
CPUソケット裏側に穴が開いています。
ここから熱を逃がし冷却させます。
その他に、バックプレートタイプのクーラー交換を容易に交換…

させる事が出来そうかもしれませんが、残念ながら若干小さく交換する場合は苦労しそうです。
775でギリ。1366は完全にアウトっぽいです。
過度な期待は禁物ですね。
この辺りの詰めの甘さも値段なり。


裏配線
s-P1050285.jpg
裏配線用の穴が開いてますが、ちょっと小さい。
24pinがギリギリ通りました。
調子に乗って、色々と裏に配線を回しましたがやはりサイドパネルを閉めるとモッコリします。
また、サイドパネルの取り付けにはかなり苦戦しました。

裏配線は可能、でも隙間は余裕と言うほども無い。
と言った感じです。


フロントパネル
P1050294.JPG
取り外す際は、それほど固くは無かったです。
ただ、プラスティックがとてもチープに感じます。
デザインは、普通。悪く言えば地味。


冷却力
さすがに良い感じです。
トップ2発とリアからウマく熱が排気されています。


使ってみて
s-P1050274.jpg
組んで見ましたがなかなか良ケースです。
GTX260も楽勝で収まります。
s-P1050275.jpg
裏配線のお陰で、電源付近もスッキリ。

奇しくも、CM690 PUREと言う内部がオールブラック仕様なCM690が発売されました。
限定品らしいですが。
要はNVIDIA仕様の黒verですが、相変わらず値段が高いです。
CM690 PURE買うなら、MIDGARDでも十分かと思います。
間違ってよく似たケース、と言うか姉妹品と言うか、元と言うか。
JAGUAR B&Bと言うマニアックなケースがあります。
間違えて掴まないように。
10k以内のケースとしては、最高の部類に入れる良ケースだと思います。
定番ケースになりえる要素は十分にあります。

ただし、各所に10k未満なケースらしい所もあり、高級ケースを使っている人にはやはり物足りないと感じる事と思います。
私は実際に買ってみて、

物欲は止まったか?

と聞かれたら、答えは"No"

ハイエンド構成のシステムを組まれている方なら物足りないかも知れません。


低価格ケースとしては、大変良く出来たケース

と言った感想です。
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[109]  [108]  [485]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/01 max]
[01/01 ひでぽ]
[12/31 よーたん]
[12/26 ひでぽ]
[12/26 ひでぽ]
プロフィール
HN:
hidepod
性別:
非公開
自己紹介:
万年貧乏な自作PC初心者なIYHerです。
バーコード
更新情報
おすすめアイテム
conecoレビュー
広告
PR
404 not found Produced by hidepod
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]