忍者ブログ
HOME > > [PR] > レビュー > 【レビュー】ASRock B3-H67-ITX RSS   Admin NewEntry Comment
自作PCにハマったおバカのただの散財日記。またはチラ裏とも言う。
  • 2017.02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ASRock B3-H67-ITXのレビューです。
触りだして、まだ数時間なのにレビューが書けるんです。


とりあえず、その意味は後々解ると思いますので。
書く事が余りないので、ちょっと画像多目で無駄に長くしてみます。
では、まずは付属品とかから。
P1010792.jpg
冊子類。相変わらず多いですね。

P1010794.jpg
I/Oパネル、SATAケーブル(6Gbps/3Gbps)x2
飛び出す3Dメガネ

マジ、3Dメガネやヴぁいっす。

P1010795.jpg
板全体です。
買う前から解ってたんですが、配置は変態っぽくかなり嫌な癖があります。

P1010797.jpg
CPUソケットは安心のLOTES製。
それは、いつもの事なんで良しとして。
CPUソケットがPCIEx16に近いです。
PROLIMA TECH CPUクーラー Samuel 17を使用したいと思ってますがVGAカードなど使用する場合は、干渉などに気を付けた方が良い。
また、EPS12Vの位置もなかなかの配置もんです。

正直に言うと、使い勝手的な事を考えると紺子の方がおすすめかな。

P1010798.jpg
メモリスロットは特に言う事無し。
メイン24pinコネクターの位置が離れているので、私の環境では良かったです。
メイン電源ケーブルが、メモリに擦れる心配が無くなりました。
メモリ対応は、DDR3-1066、1333対応。

P1010796.jpg
困った密集地帯。
ファンコネクターはCPU用4pinPWM対応と、システムファン用の3pinコネクターが用意されています。
それは良いとして、なぜにこの場所にSATAソケットとUSBヘッダーピンとフロントパネルヘッダーピンが集まっているのか。
密集すぎて、挿しにくい状況になる可能性は大です。
しかも、フロントパネル端子が一番奥って・・・。

P1010799.jpg
白SATAソケットがSATA3ソケット、青がSATA2ソケットで全部で4口装備。
ちなみに紺子のH67S-B3は3口です。
この差はデカイです。

P1010801.jpg
バックパネルは一通り揃ってます。
VGA出力端子もDVI-I、HDMI、D-Subと用意されています。
USB3.0は2口、USB2.0は4口、e-SATAが1口、SPDIF Out Portも装備しています。

P1010802.jpg

裏面です。特に書く事は無いです。
さて、今回は組み立てのご様子でも。

P1010804.jpg
今まで使用していたLGA1156環境からの交換です。
ケースは、Silver Stone SST-SG05Bを使っています。
ご覧の通り、CPUクーラーはH50-1を使います。

P1010805.jpg
必死に詰め込んで行きます。
H50-1を使用すると、HDDマウンターや光学ドライブは使用出来ないので割り切ります。
とりあえず、SSDとHDDは写真の位置に置くことにします。
えぇ、固定なんぞしませんし、そもそも出来ません。

P1010809.jpg
電源も固定して、配線を接続して完成。

P1010811.jpg
HDDはL字金具を使い、出来る限り動かないようにはしています。

P1010812.jpg
配線はやはり窮屈でした。まぁ、問題無いレベルです。
夏場もこんな感じで使用してましたし。

P1010814.jpg
という訳で、完成。


環境
CPU:intel Core i5-2400
CPUクーラー:Corsair H50-1
M/B:ASRock B3-H67-ITX
MEM:Patriot Memory PSD38G1333KH
VGA:On Board
SSD:Kingston SSDNow V+ Series (SNVP325-S2/64GB)
HDD:HGST HDT7210105SLA360
ケース:Silver Stone SST-SG05B
電源:付属80Plus電源300W


上記のような構成です。


システム消費電力
P1010835.jpg
アイドル時、34W

P1010842.jpg
Prime95動作中、98W

オンボードVGA使用しているのでかなり消費電力を抑える事が出来ています。
UEFIでの、電圧設定はデフォのAUTOです。

では、UEFIを見てみましょう。

P1010833.jpg
UEFIverは、P1.10となります。
Dual-Cannel表示もしっかりされています。

よし、さらに低電圧化で消費電力削るかー!


P1010840.jpg
電圧項目にVcoreなんてなかった。






デフォのままでしか使えないwwwwマジおわったwwww





とりあえず、現状、メモリ電圧を1.325Vに設定して使用中。
まさかの事態で少し意味が解らないよ。

P1010841.jpg
ファンコントロールは、CPU、システム用共にコントロール可能です。

上記構成でエクスペリエンス走らせてみた。

WS000278.JPG
メモリが5.5と何故か低いです。
あと、内臓GPUのスコア結構良いんですね。知りませんでした。

ちょっと、メモリが気になったのでCrystalMark2004R3を走らせました。

WS000280.JPG
DDR3-1333CL9のスコア的には、特に問題無いです。
ここまで総合スコアが伸びてれば十分でしょう。


まとめ
M/Bの配置以外、特に変態っぽさは感じませんでした。
動作的には、メモリ周りがちょっと怪しい感じがしますがそれ相応にベンチマークスコアは出ているので大丈夫かな。
Patriot Memory PSD38G1333KHでは、相性問題は出ませんでした。
残念ながら、UEFIの項目が少なく、電圧遊びが出来ないので少々物足りません。
ただ、デフォルト設定では、動作も安定しており万人向けだと感じます。
配置については、使用ケースによっては扱いづらいかもしれませんので出来るだけケースとの配置の相性を調べてください。

postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[01/01 max]
[01/01 ひでぽ]
[12/31 よーたん]
[12/26 ひでぽ]
[12/26 ひでぽ]
プロフィール
HN:
hidepod
性別:
非公開
自己紹介:
万年貧乏な自作PC初心者なIYHerです。
バーコード
更新情報
おすすめアイテム
conecoレビュー
広告
PR
404 not found Produced by hidepod
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]