忍者ブログ
HOME > > [PR] > レビュー > 【レビュー】ASUSTeK EAH6870/2DI2S/1GD5 RSS   Admin NewEntry Comment
自作PCにハマったおバカのただの散財日記。またはチラ裏とも言う。
  • 2017.04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ASUSTeK EAH6870/2DI2S/1GD5のレビューです。
HD6870は結局、どうなんでしょうか。
今回は、かなり長いレビューになるのでお気を付け下さい。


P1010065.jpg
化粧箱がかなり豪華です。そして、無駄にデカイ。
そう、相変わらずね。

P1010067.jpg
2段になっていて、本体カードが下、上段に付属品と言った形。

P1010068.jpg
・CrossFire ブリッジケーブル
・4-6pin 補助電源変換ケーブル
・ASUSドライバディスク
・ユーティリティディスク

P1010070.jpg
カード本体です。
ファンは放熱効果を高める為、Full Aluminum Coverを採用し、
リファレンスクーラーと比較した場合、最大で-14℃の冷却効果を実現しているとの事ですが、
細かい冷却については、後ほど。
クーラーの質感はアルミカバーのお陰で、かなり高いです。

P1010075.jpg
補助電源は、6pinx2となるので、使用している電源には注意。

P1010072.jpg
備えている映像出力ポートはDVI-I×1/HDMI×1/Mini Displayport×2

P1010073.jpg
裏面はカバー無し。HD5850な感じがして仕方が無いです。

P1010080.jpg
HD5870とHD6870のカード長比較。
こう見ると、やはりHD5850に見えて仕方ないです。

P1010076.jpg

P1010082.jpg
組み込んだ感じです。カード長さ制限がある人に良いですね。

テスト環境
【CPU】intel Core i7 980X EE
【CPUクーラー】PROLIMA TECH Mega Shadow
【CPUクーラーファン】ENERMAX CLUSTER x2
【マザーボード】ASUSTeK Rampage III Formula
【メモリ】Corsair CMG6GX3M3A2000C8
【GPU】玄人志向 RH5870-E1GHW/HD/DP
【GPU】ASUSTeK EAH6870/2DI2S/1GD5
※Catalyst ver10.12
【HDD/SSD】Crucial RealSSD C300 64GB
【HDD/SSD】WD Caviar Blue WD6400AAKSAAKS
【HDD/SSD】WD Caviar Green WD20EARS
【ODD】Pioneer DVR-S17J-BK
【PCケース】CoolerMaster HAF 922
【電源】MODU87+ EMG800EWT
【サウンド】ONKYO SE-200PCI
【ファンコン】scythe KAZE-MASTER
【OS】Windows7 Ultimate 32bit

【備考】

980Xは200x20のVcore1.25(CPU-Z読みアイドル1.248)DDR3-2000設定です。
上記構成でケースファンはトップに120mmx2、ボトムx1、リアx1にフロント200mmx1の計5個搭載。
全て、LEDファンとなっています。
CPUクーラーファンは1200rpm、フロント600rpm、その他800rpmでのファンコン制御での回転になっています。
Catalystの使用verは両カードともに10.12を使用しています。

アイドル時消費電力
idol.png
ワットチェッカー目視による消費電力計測です。

残念ながら、全くと言って良いほど変わりませんでした。
これは微オーバークロック仕様だから?なのかもしれません。
BIOS内の電圧については、まだちょっと見てません。

まずは、有名どころベンチ2つで計測。

3DMARK06
Resolution:1280x1024
HD5870
5870-062.JPG

HD6870
6870-061.JPG

Resolution:1920x1200
HD5870

5870-064.JPG

HD6870
6870-062.JPG


3DMARK VANTAGE
MODE:
Performance
HD5870
5870-v2.JPG


HD6870
6870-v1.JPG

MODE:Extreme
HD5870
5870-v4.JPG

HD6870

6870-v2.JPG


比較
3dmark1.png
表の()内温度は、ベンチスタート時の温度です。
室温を一定にする事が、不可能だった為参考までに記載しています。
ちなみに室温は、16~18度とかなり寒い室温です。

言われている通り、温度が高いです。
HD6870・・・HD5870のリファレンスはとても優秀ですね。
消費電力は、06では上回る、または同等。
VANTAGEでは下回りました。ちょっとよく解りませんね。
スコアについては、かなり接戦してますが高負荷設定になると差が大きく開いていきます。
やはり、HD5870はまだまだ一級品の戦闘力です。

それでは、少し負荷の軽いベンチで見て見ましょう。


Street Fighter Ⅳ
Resolution:1280x720
HD5870

5870-SF1.JPG

HD6870
6870-SF1.JPG

Resolution:1920x1200
HD5870



HD6870


Monster Hunter Frontier 絆
Resolution:1280x720
HD5870

5870-MFH1.JPG

HD6870(SSミス)


Resolution:1920x1200
HD5870



HD6870


比較
bench1.png
負荷的には軽いベンチマークですが、やはり一定の差は埋まりません。
温度もほぼ、一定の差が付いています。
正直、このクーラーが冷える冷えないの問題ではなく制御が静音に振り過ぎたプロファイルの所為です。

GPUコア温度としては、MHF絆が一番高い数値を叩き出しました。
70度オーバーですが、ファン回転数は1000rpmから変化が無かったです。
80~90度近くにならないと、ファン回転数が上がらないプロファイル設定されているようです。
ただ、そんな制御でも70度台なのは、フルアルミカバーのお陰なのかどうかが重要ですね。

消費電力は、本当によく解りません。
なので、消費電力を見てみます。


THE LAST REMNANT
Resolution:1280x720
HD5870

5870-TLR1.JPG

HD6870
6870-TLR1.JPG

Resolution:1920x1200
HD5870

5870-TLR2.JPG

HD6870
6870-TLR2.JPG

比較
TLR.png
比較的消費電力の多いTHE LAST REMNANTで見て見ると若干と言えるレベルの削減が見られました。
正直、もう少し抑えられていると思っていたのですがこの結果には残念で仕方ありません。


それでは、最新のDirectX11のベンチではどうでしょうか。

Heaven Benchmark v2.1 (1920x1200)
Setting:Default

HD5870
5870-HV1.png

HD6870

6870-HV1.png

Setting:Heavy Set
HD5870

5870-HV2.png

HD6870
6870-HV2.png


LOST PLANET2 (1920x1200)
Setting:アンチエイリアスNONE
※「影品質」「テクスチャ品質」「演出レベル」「DirectX11 Feature」
は、「HIGH」

HD5870



HD6870


Setting:アンチエイリアスx8
※「影品質」「テクスチャ品質」「演出レベル」「DirectX11 Feature」は、「HIGH」
HD5870


HD6870


比較
bench2.png
先ほどまではガラッと変わり、後発の強みであるベンチスコアになってます。
ほぼHD6870のスコアがHD5870を上回る結果になりました。
特にHeaven Benchmark v2.1のスコアはバランス良くなりました。
ただし、nVに比べると・・・

最後に3DMARK11を。

3DMARK11

3dmark11.png

最新の3DMARK11をしてみましたが、他のDirectX11ベンチと違ってHD5870が上回りました。
よく解りません。
ただ、ほんと完走させるだけでも一苦労したベンチです。
今回、Advanced Editionを走らせました。
知人が、msi製N570GTX-M2D12D5を買って要らないと言うので貰いました。ラッキーでした。

P1010087.jpg
ちなみにこんな感じで画面が荒れる事もありました・・・。

総評
買い替え前の製品によって大きく左右されそうな性能です。
HD5770からの買い替えであれば、確実にそのパフォーマンスに納得出来ると思います。
コスト面から見ても、非常に優秀です。
消費電力もnVに比べると抑えられているので、これぞRadeon!と言えるワットパフォーマンスの良い製品です。
HD5850からだと、性能面では少し物足りないかと思います。
HD5870を使用しているのであれば、目的がハッキリしていないと失敗します。
私は、HD5870に近い性能で、消費電力が抑えられればいいなぁーと思っていたのですがあまりにもHD5870と変わらない消費電力に少しショックを受けました。
また、発熱が抑えられず、HD5870よりも熱いGPUコア温度が残念です。
ファン制御をウマくプロファイルしたBIOSに入れ替えれば改善は出来そうですが、いきなりそこまで危険を侵すのもどうかなと思います。

買い替えの目的に合えば、もちろん買いなのですが安くなったHD5870がやはりオススメかなーと言った所です。
まぁ、HD5770の後継ですからね。そう考えると凄まじい性能アップです。

postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
全国10万人の女子高生から「ひじょうに参考になる」が押されました。



素晴らしいです!!
はろーわーるど 2010/12/28(Tue)01:00:37 編集
無題
20代~30代の女性が揃っています。
高確率で「ひじょうに参考になる」を押されます。

まずは会員登録を!
ひでぽ 2010/12/28(Tue)01:09:14 編集
無題
THE LAST REMNANTベンチの二枚目が、はろーさんの画像にすり替えられていましたが、そんな画像で大丈夫か?

本年も大変お世話になりました。どうぞよいお年をお迎えくださいませ!
ウニャ 2010/12/30(Thu)15:57:22 編集
無題
明けましておめでとうございます。
昨年は、色々とおせわになりました。
今年は、ポンバシでお会いしたいですね。
ひでぽ 2011/01/01(Sat)17:52:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/01 max]
[01/01 ひでぽ]
[12/31 よーたん]
[12/26 ひでぽ]
[12/26 ひでぽ]
プロフィール
HN:
hidepod
性別:
非公開
自己紹介:
万年貧乏な自作PC初心者なIYHerです。
バーコード
更新情報
おすすめアイテム
conecoレビュー
広告
PR
404 not found Produced by hidepod
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]