忍者ブログ
HOME > > [PR] > レビュー > 【レビュー】intel Core i3-2100T RSS   Admin NewEntry Comment
自作PCにハマったおバカのただの散財日記。またはチラ裏とも言う。
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

intel Core i3-2100Tのレビューです。
CPU性能とTDP35Wの実力を見てみたいと思います。

まずは簡単にCPUベンチマークを検証。

CPU:intel Core i3 2100T
CPUクーラー:PROLIMA TECH Megahalems
MEM:A-DATA AD3U1333C4G9-2x4 16GB
M/B:ASRock Z68-Pro3M
VGA:CPU内蔵オンボード
SSD:X25-M G2-80GB RAID0
HDD:WD6400AAKS
Case:ANTEC Mini-P180 White
PSU:Huntkey 風音 350W (JUMPER 350)


エクスペリエンスインデックス
WS000310.JPG
CPUスコアは6.9と十分な結果。
ただ、クロックの低さからHD2000のグラフィック性能も低いです。

追記
おかしいと思って、再度ドライバーを入れ直し再計測。
8fa168dd.jpeg
無事、4.6→5.9になりました。

Crystal Mark2004R3
WS000311.JPG


比較
WS000096.JPG

各マシンの構成は違いますが、これは比較参考くらいにはなると思います。
CPUスコアに関しては、Core i3-530よりもクロックが低いのにほぼスコアはドローです。
メモリ周りのスコアも良く伸びて、上手くメモコンが働いているのでしょう。


CINE BENCH R10
Rendering 1CPU
WS000312.JPG

Rendering xCPU
WS000313.JPG

WS000314.JPG


比較
WS000095.JPG

クロックはCore i3-530よりも低いですが、各CPUスコアは上です。
この辺りはSandyBridgeと言った感じです。
G620はやはり2コアなんで厳しいですね。


CINE BENCH R11.5
CPU
WS000315.JPG

Open GL
WS000316.JPG


比較
WS000097.JPG

こちらでもi3-530のCPUスコアを上回っています。
2C4Tのお陰でOpenGLのスコアもG620を上回りました。


WinRARベンチマーク※100MBの処理に掛かる時間
WS000319.JPG


比較
WS000098.JPG

WinRARでファイルを良く圧縮するのですが、圧倒的ですね。
実用性の面からもSandyBridgeを買うならやはり2C/4Tですね。
G620なんてやっぱ要らんかったんや・・・。


Super Pi
WS000318.JPG


Super Pi Mod1.5 XS
WS000317.JPG


比較
WS000099.JPG

Piはさすがにクロックの差があるのでi3-530に負けてしまいます。
G620と2100Tの差が1クロック分と考えて良さ下ですね。


ベンチマークまとめ
591efb02.png


消費電力
P1020842.jpg

CPU:intel Core i3-2100T
CPUクーラー:Corsair H50-1
MEM:Patriot Memory PSD38G1333KH
M/B:ASUS P8H67-I
GPU:CPU内蔵オンボード
SSD:Crucial m4 128GB
Case:Silver Stone SST-SG05B
PSU:付属300W 80PLUS電源


最小構成での消費電力計測を行います。

455432cb.jpeg
CPU Vcoreを常用可能な電圧まで削ります。

P1020891.jpg
OCCT PowerSupply実行で56Wとなりました。
これをCore i3-2105にCPU変更し実測しました。

P1020867.jpg
79Wとなりました。
2105では、どれだけVcore削っても、これ以上減らす事は出来ませんでした。
クロック落とせば、下げれますが。
今までは、Vcore下げればTDPなんて関係無いやと思っていましたが、今回ばかりはTDP35Wの底力、低TDPの凄さを初めて実感した。


と言う事で、実は2100Tは非常にワットパフォーマンスの良いCPUでした。
事務的な処理が多いのであれば、ほとんどストレス無く作業出来るかと思います。
早い話、ゲーム、動画編集しないのであれば十分メインPCとしても使えます。
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[01/01 max]
[01/01 ひでぽ]
[12/31 よーたん]
[12/26 ひでぽ]
[12/26 ひでぽ]
プロフィール
HN:
hidepod
性別:
非公開
自己紹介:
万年貧乏な自作PC初心者なIYHerです。
バーコード
更新情報
おすすめアイテム
conecoレビュー
広告
PR
404 not found Produced by hidepod
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]