忍者ブログ
HOME > > [PR] > 4.0GHz低電圧レビュー > 【低電圧レビュー】X58 Extreme3を本気で検証してみた RSS   Admin NewEntry Comment
自作PCにハマったおバカのただの散財日記。またはチラ裏とも言う。
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このレビューはi7-920の4GHzの低電圧常用比較の第三弾です。
どこまで続くかは未定です。

20kを切るX58 Extreme3がR2EやUD5にどれだけ喰いつけるのか?
またどのような違いがあるのでしょうか?


検証はもちろん、いつものパーツを使って検証します。


--構成--まな板環境--

CPU:Intel  Core i7 920 BOX
CPU クーラー:PROLIMA TECH MegaShadow
MEM:Corsair  CMP6GX3M3A1600C8
M/B:ASRock X58 Extreme3
VGA:HIS H467QS512P
HDD1:WD3200AAKS
PSU:ANTEC EA-750
CASE:ASKTECH NK-OC400A/T
OS:Windows7 Ultimate 32bit


Vcore を1.25Vに設定します。
無事、OSが立ち上がり起動成功。
CPU-Zの電圧表示は1.23Vと少しドロップします。

そ こからPrime95を起動させ負荷を掛けます。



1分も持ちませ ん。



コアがボコボコと落ちていきます。
そこからVTTとPLLを盛って調整します。



1分も持ちません。



仕方が無いので、Vcoreを盛ります。




1分も持ちません。




腹が立ったのでVcoreを1.3Vに設定してみました。




1分も持ちません。



意味が解りません。
ちなみに各電 圧は微調整が出来ません。
VTTは1.2→1.27→1.34とかなり1クリック毎の増え方が大きいです。
0.1刻みなら嬉しかったので すが。

一旦バラして再度組み立て。
CPUソケットのピンも確認してみましたが特に問題無し。
セッティング後、再度 Prime95で負荷を掛けます。




だから、何故落ちる?




Prime の画面表示を見てみると、Test1の時点で何やら異常エラーっぽい。
ピンときたので、メモリを海賊→鳩に換えてみる。

OUT:Corsair CMP6GX3M3A1600C8

IN :Patriot PVT36G1600ELK



Prime95 を起動させ、負荷を掛けてみます。











\落ちな い。/








CLが8-8-8-24から9-9-9-24になったからか?
と 思い、再度交換し9-9-9-24に設定してみるも変わらず。
どうしようもないので鳩で行くことを余儀なくされた。

追記
どうもメモリ逝ってしまわれたようです。
なので、メモリと相性が悪かったと言う訳で無かったです。



最 終設定

Vcore1.28V、CPU PLL1.86、VTT1.27でPrime95が安定して8時間完走。
先行レ ビューした2枚に比べ、かなり見劣りする結果になった。
これ以上、削ると落ちる。
ちなみにCPU-Z表示は最大で1.272Vだった。


消 費電力から見るX58 Extreme3の性能

先行レビューしているR2E、UD5ともにPrime95開始時は300Wほどか らスタート。
徐々に消費電力が増え、数十分から1時間程度でUD5は318W、R2Eは340Wの結果になっているがX58 Extreme3は違う。
VCore1.25時の時点で、開始直後から340Wと言う記録叩き出す。
8時間完走記録時の Vcore1.28では362Wと言う輝かしい記録となった。




…凹


8時間完走です。




最大消費電力比較

R2E:340W
UD5:320W(たぶんもう少し喰ってる)
Ex3:362W
UD3:342W
R3E:337W(LLC50%)
R3E:352W(LLC100%)
WSR:341W
UD5:346W(A 付rev1.0)



性能比較

SuperPI MOD v.1.5
WS000247.JPG
R2E:10.201s
UD5:10.289s
Ex3:10.158s(鳩 9-9-9-24-59)
UD3:10.202s(鳩8-8-8-24-82)
UD3:10.240s(鳩9-9-9-24-59)
R3E:10.210s(鳩 9-9-9-24-60)
WSR:10.249s(鳩9-9-9-24-60)
UD5:10.209s(鳩9-9-9-24-60)※ X58A-UD5


3DMARK06 CPUTESTで比較
WS000248.JPG
R2E:6876
UD5:6931
Ex3:6867
UD3:6934
R3E:6904
WSR:6881
UD5:6869 ※X58A-UD5


今回、Patriot PVT36G1600ELKに変更し、 CL9-9-9-24-59と言う設定。
Corsair CMP6GX3M3A1600C8のCL8-8-8-24-82より早いタイムが出た。
tRFC の差は結構大きいんですね。
メモリ遊びも楽しそうです。
ど素人なんで、あまり突っ込んでメモリは弄らないです。


総評
個人的には200x20の4GHzは結構壁が高いと思っているのですがこの板には厳しかったのかもしれません。
そう言わざる得ない結果です。
ただ、E5620で3.6GHzへのOCでは、P6X58D Premiumとそれほど差は無かったです。
P6X58D Premiumでは1.21VでしたがX58 Extreme3はV1.22Vでした。

感覚的には、ライトOC向けと言った感じでしょうか。
スペック的には、ハイエンドと同等 でお買い得感が強いですが、比較してみるとやはりその差は大きいと感じます。
それが値段差なのではないでしょうか。

物が悪いと言 う事ではなく、トータルで差が開いたと言った感じでシステム自体は問題無く使えております。
ただ、メモリには少々注意した方が良いかもしれませ ん。
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[307]  [306]  [305]  [301]  [300]  [304]  [303]  [299]  [302]  [298]  [297
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[01/01 max]
[01/01 ひでぽ]
[12/31 よーたん]
[12/26 ひでぽ]
[12/26 ひでぽ]
プロフィール
HN:
hidepod
性別:
非公開
自己紹介:
万年貧乏な自作PC初心者なIYHerです。
バーコード
更新情報
おすすめアイテム
conecoレビュー
広告
PR
404 not found Produced by hidepod
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]